普段の稽古

基本稽古・移動稽古(打撃・組技・関節技)

その場での稽古から始め、動きながら技を出す為の練習として移動稽古も行います。

打撃
自分に動きに集中して空突き・空蹴りを繰り返し行う事で、武道の根本的な体の使い方を覚える。
有酸素運動なので、体への負担も少ない。
また、誰もができるように、比較的楽な姿勢で行う為、体が嫌がらず覚えやすく、継続して行いやすい。
組み技
打撃の一人バランスの稽古とは違い相手と組んでいるので、ゆっくりとした反復練習で、二人バランスに慣れることから始める。
道着による崩しなどの基本を覚えて上達していくと、裸体技術の稽古へと移行していく。
関節・締め技
まずは反復練習で関節技の基本的な型を覚え、同時に関節の可動域を知る事で、体の作りを知り、関節技だけでなく、打撃などのすべての技術へ応用していけるようになる。
上達していくとレスリングのような裸体技術の稽古へと移行していく。

ミット打ち(打撃の日のみ)

二人一組でパンチからキックまでのミット打ちを行う。
まずは単発の威力を養う。
慣れてきたら、その威力を落とさないようコンビネーションまで行う。
受け手は受けの姿勢をを養っていく。

目慣らしスパーリング(打撃の日のみ)

目慣らしはその名のとおり、パンチ、キックに目を慣らす為に実施する。
その為、半分程度の力でほとんどはマススパー程度で行う。
まずは攻撃よりもディフェンス技術が重要になるので受け、捌きを使ってリラックスして行う。

組技スパーリング(組技の日のみ)

条件つきでの組技のスパーリング。
立ち組技から寝技まで条件つきで行うことで最悪の状態にでも対応できるような技術を覚える。
慣れてきたら道着着用だけでなく、裸体(シャツ・短パン)へと移行していく。
またトータルスパー(打撃も軽く有)も行う。

▲ページトップへ

審査・試合など検証の場

普段の稽古で培った技を審査や試合の場で検証し、また稽古に戻って技術を修正していく。

昇級審査会

空手なので、審査を受験し昇級・昇段していくことで帯の色が変わっていく。
その為、各々が日々目標を持って稽古に取り組んでいける。
年に数回の審査会では日々の稽古で培った技を検証する。

試合審査(初級者用)

子供から大人まで、型の審査と試合審査があり、自分の技を検証する場となる。
試合は突き・蹴りの打撃に投げ技から抑え込みまでのルールで、安全面を考慮し防具などを着用し行う。
子供はポイント制。

上級者試合(大人のみ)

上級者クラスの試合になると、プラスチックのお面着用かヘッドギア着用での打撃から組技、寝技、、関節技、グラウンド打撃までありの試合もある。

組技試合

組技試合
道着を着用しての組技、柔道組みやレスリングの差し合いの状態から投げから関節技や締め技での一本か判定での決着となる。
子供は投げて抑えるまでのポイント制で関節技は無し。

組技裸体試合(大人のみ)

上級者になると裸体での試合も行っていく。
こちらも同様に関節技、締め技での一本か判定の決着となる。

プロのリング

禅道会はアマチュアの団体であるが、稽古の一環として他団体のリングへ上がる選手も少なくない。

※組技は大人は応用として裸体技術まで習得していくが、子供に限っては道着を着用での基本(道着などの崩し)を第一と考えているため、裸体では行っておりません。また関節技も成長過程である子供達への安全面を考慮して行っておりません。

※禅道会はあくまでアマチュア団体であり、誰でもができる空手として各人の安全面を十分に考慮して指導しています。

▲ページトップへ

空手道禅道会 稽古体系

武道の形骸化

武道は本来、武術と言われていて武士が戦で刀が折れたときに素手で自分の身を守る護身技術として生まれましたのが始まりでした。(理念ページ参照)

その為元来は、現在の総合格闘技のように打撃技や投げ技や関節技など全ての要素が組み込まれていたものだったのです。

しかし防具などが不足していた時代に競技化を焦ったため空手の試合では打撃だけ、柔道の試合では組技だけというように、元々あった技術が試合で使われることが無くなってしまったのが現状です。

もちろん型としては残されているものの、近年では形骸化されてしまい、表に出てくることはほとんどありませんでした。

空手道禅道会の武道

しかし、あらゆる状況に対応できる護身武道こそが空手だと考える空手道禅道会では近年の防具などの進化に伴い、元々の打撃に加え、埋もれていた組技や関節技など優れた文化的な技術を再検証し、継承して後世に伝えていこうと考えました。

なおかつ武道空手の稽古法を元に誰もがあらゆる技術を習得できるよう整備し、更に武道として一番重要な、精神面の強化という部分へもアプローチができるように稽古体系を確立しました。

そのような事から当団体では武道空手=総合格闘技を様々な格闘技の組み合わせ(キックボクシングと柔術とか、ボクシングとレスリングなど)とは考えておらず、最も自然な一つの格闘技として捉えています。

空手道禅道会の稽古体系

稽古体系としては古来より伝わる武道空手道の稽古法、基本稽古、移動稽古、呼吸法、ストレッチなどを、号令に合わせ注意しながら意識して繰り返すことが、打撃技から組技まで全ての技の基本になると指導しています。

そのなかで慣性質量、体重移動、円運動(遠心力)などを感じながら姿勢(正中線)を意識し、身体バランス力を高め、技の正確さや威力を養っていきます。

言ってみれば、木の幹ともなる土台の上に、関連性を持った枝葉となる技術を習得していくことで、各人の可能性を最大限に引き出し、個性へと繋がっていくように確立されているのです。(こういった土台となる稽古がないのに技術をつぎはぎしても、先天的センスや才能に恵まれている一部の人間を除いては自分のモノにすることは難しいのです。)

また、そうして日々の稽古で培った技術を使って、各人のレベルに応じて、安全性を十分に考慮したルールの試合や審査会に出場し試すことで、自分の弱点や欠点などに気づくことができます。

それらの反省点を基本の稽古に戻って意識して反復修正しながら、基本土台を固めていくのです。これを繰り返し行うことで、初心者でも体力に自信のないものでも、武道の真髄「心技体」の成長へと繋がり、強者への可能性が大きく開かれていくのだと考えています。

※子供は成長過程の身体への安全面を考慮し、関節技・締め技は指導しておりません。

▲ページトップへ