武道空手道の起源

武道の確立

日本に武道と言う文化が成立したのは、意外に新しく、江戸時代に入ってからである。それ以前は『武』は『道』ではなく、人を殺すための『術』であり、立身出世の為の『芸』であった。

しかし、戦国時代後期、長槍による集団戦術の成熟、鉄砲の流布により個人の武術の技量は戦争において重要では無くなった。

更に江戸時代に入り戦争そのものが無くなると、武術は仏教の法(思想)、儒教の礼(倫理観)という古来の精神文化と融合し武士階級の教養の一つとして確立した。

剣術を中心に熟成された武道は明治期に入り、武士社会が崩壊すると日本国民の民族文化として急速に普及した。

同時に剣道、柔道、弓道と武術のジャンルを表す言葉のあとに『道』と言う文字をあてることによって、より精神性を前面に打ち出すと共に、西洋スポーツの要素を取り入れ、現代に通じる武道競技として確立した。

空手道のはじまり

空手は昭和に入ってから広まった武道である。

空手は日本の武道の一つではあるが、もとを正せば琉球民族固有の武道であった。

そのため本土に伝わった際に誤伝、失伝も多く、それがそのあとの空手会に混乱を招くきっかけとなったのは、間違いないであろう。

そのあと大学を中心に広まった空手は、技術的理解が不十分なまま競技化を焦り、剣道を模擬した競技ルールを採用した。
いわゆる寸止めルールの誕生である。

しかし、実際の格闘能力が伴わない空手は武道ではない、とする極真会館の登場によって誕生したフルコンタクト空手は、あいまいな伝統(と称されるもの)に別れを告げ、武道であると共に格闘技としての能力、技術模索する時代へと移行していくのである。

他の格闘技が一度定まったルールに従って進化していくのに対し、空手が新流派が誕生する度に新しい競技形態を生み出していくのは、空手が常に究極の実践形態を追求している存在だからである。

したがって現在の格闘技会の流れにおける究極点がバーリトゥード的な総合格闘技である以上、それに順応し対抗しうる空手が登場することは必然であり、現在その先端の存在が空手道禅道会なのである。

▲ページトップへ

直立二足歩行の応用こそ武道の技

総合格闘技の禅道会

禅道会は空手の組織である。

しかし、武道を体現するために、従来の突き蹴りのみの格闘技されてきた空手の固定概念を破り、総合格闘技バーリトゥードの中で戦える空手として技術体系が確立されている。

礼儀や道徳観が武道であるための条件の全てあるならば、あえて総合格闘技というスタイルを採用する必要は無いはずである。

しかし、武道は文字通り『武』の道である。したがって戦法が不完全であるならば、『道』を表すことが出来ないはずである。

禅道会が極めて制限の少ない、総合格闘技という技術体系を持つに至ったのはその為である。

直立二足歩行の応用

人が人である最大の特徴は生物学的には、直立二足歩行を行っていることである。

直立歩行が結果として大脳の発達を促進し、それが源となって様々な文化を作り上げてきた人類の歴史を顧みると、直立歩行という行為そのものが人類史上、最大の英知であると言えると共に人の技の根源であると言える。

また人は意識しなくとも大気の重力などの自然現象との強調をあたりまえのように行っている。

人が歩く行為はそうした大脳に組み込まれた自然力を形にした根源行為で、その根源行為を技とする事が武道であると禅道会は定義する。

禅道会が立ち技から寝技に至るまで全ての行為の基礎を、この直立二足歩行においているのはその為である。

直立二足歩行から生み出された武道の構えは、根源的生命力の形であり、そこから繰り出される技は生命力の拡大であり、その技の熟練は唯一の個性の成長を促し、ついには自らの生命力をも知覚できるまでに至るのである。

武道の技とは人の生命力強化とその体現される個性拡大の一つの有力な方法論であると禅道会では定義する。

▲ページトップへ